Escape from the RED ROOM に参加した感想・レビュー(ネタバレなし)

Escape from The RED ROOM に参加した感想・レビュー(ネタバレなし)

 
「Escape from the RED ROOM」は、
真っ赤な部屋からの脱出に挑戦する
スクラップのリアル脱出ゲームです。

いわゆるルーム型の公演ですが、
制限時間30分・紙と鉛筆は使わない、
といった他とは異なる特徴があります。

 
この体験談にネタバレは含みませんが、
前情報なしでチャレンジしたい場合には、
なるべく見ないことを推奨します。

謎解き練習問題を公開中!
文字謎 数字謎 イラスト謎

 

『Escape from the RED ROOM』の概要

実際にゲームへ参加した感想を
以下の5段階で評価しました。

タイプ ルーム型
人数 最大6人
難易度 ★★★★★
探索度 ★★★☆☆
運動度 ★★★★☆
演出度 ★★★★☆
満足度 ★★★☆☆
脱出率 ※ 延長なし: 5%前後
延長あり: 22%前後

※アジト浅草、2019年2月時点の情報

 
2015年6月から公演が始まり、
4年以上経っても続いている有名作です。

2019年11月時点では、
以下の2拠点で参加することができます。

  • アジトオブスクラップ浅草
  • ナゾ・コンプレックス名古屋

リアル脱出ゲーム初心者の方にオススメ

Escape from the RED ROOM は、
初心者の方にオススメしたい
リアル脱出ゲームの一つです。

  • 30分間のため気軽に遊べる
  • 料金が他の公演よりも安くなっている
  • 驚きのギミックが登場する
  • 長期公演のためチケットが取りやすい

 
「いかにも脱出ゲーム」といった
ゲーム内容になっていますので、
非日常を体験するには最適でしょう。

初めてリアル脱出ゲームに挑戦する
友人などを誘ってみるのもオススメです。

謎が解けたときの驚きが大きい

ルーム型の脱出ゲームなのですが、
ある謎が解けたときに衝撃を受けました。

リアル脱出ゲームならでは
といった謎が隠されていたため、
参加メンバーのテンションも急上昇。

 
あまり話すとネタバレになってしまうので
詳しくは書くことができません。。。

これはぜひ実際に参加して
体験していただきたいポイントです。

他のリアル脱出ゲームとは違う

Escape from the RED ROOM は、
他のリアル脱出ゲームと
様々な点が異なっています。

  • 制限時間が短い
  • 紙やペンは使用しない
  • スマホの持ち込み OK
  • 延長制度がある

 
それぞれについて解説していきます。

制限時間が30分と短くなっている

他のルーム型公演とは異なり、
制限時間が30分に設定されています。
ゲーム全体でも1時間あれば終わります。

料金も他公演より安く抑えられており、
前売り券で購入すると 1人2000円 です。

時間が短い分、謎の量も少なめなので
通常のルーム型脱出に慣れている方は、
もしかすると物足りないかもしれません。

紙やペンを使用しないリアル脱出

RED ROOM からの脱出では、
紙やペンを一切使用しません。

謎を解く際に言葉を必要としないため、
ペンを使うシーンが出てこない作りです。

SCRAP 公式サイトより

特定の言語に依存した謎を一切排除した、
新感覚リアル脱出ゲーム。

脱出に必要なのはあなたの閃きと直感のみ!

 
東京の公演場所である浅草は、
外国人観光客の方が多いエリアでもあります。

海外の方でも気軽に遊べるように、
言語非依存としたのかもしれませんね。

他のリアル脱出とは一味違った
独特の雰囲気が楽しる公演でもあります。

スマホの持ち込みや使用も OK

スマホを持ち込むだけでなく
なんと使うことも許可されています。

メモ代わりに写真を撮ってみる、
といった用途でたまに活用できます。

スマホが無くてもクリアは可能ですが、
持ち込むと多少楽になるかもしれません。

10分延長できる課金制度

制限時間30分の脱出ゲームですが、
10分間のみ延長できる制度があります。
※800円の有料課金です

脱出成功率を見てみると……
30分では5%ほどと低い数字ですが、
40分では22%まで脱出率が上昇します。

 
30分時点で脱出成功していない場合は
その場で延長の有無を確認され、
希望した人のみで10分間プレイ可能です。

ゲーム終了後には解説があるため、
延長をしなくても答えは後で分かります。

 
脱出難易度が比較的高めですので、
謎は解けそうだけど時間が足りない……!
という状況であれば延長もアリです。

一方で、ガッツリ詰まっていたりして
10分で解けそうにない……と感じた場合は
延長しない方が個人的にはオススメです。

序盤でかなり詰まりました

真っ赤な部屋に閉じ込められて
ゲームがスタートするのですが、
第一段階でつまづいてしまいました。

30分のうち10分を消費してしまい、
後半の謎で使う時間が不足する事態に。

 
本当に何もない部屋から始まるため、
ひらめきが非常に重要となります。

ぜひ頭を柔らかくして挑んでください。
序盤に隠された謎が解けたときは、
盛り上がること間違いなしです!

昔ながらの Web 版脱出ゲームに近い

Escape from the RED ROOM は、
昔の脱出ゲームと雰囲気が似ています。

クリムゾンルームを始めとする
PC版の脱出ゲームをプレイしていた方は、
その雰囲気を感じられると思います。

部屋の雰囲気はもちろん、小物や演出、
アナログ中心の仕掛けなども
どこか懐かしさを感じられました。

「赤い部屋」の FLASH とは無関係です

ブラウザ上の脱出ゲームを遊んでいた方は、
世代によって「赤い部屋」の FLASH を
思い出すことがあるかもしれません。

しかし、RED ROOM の脱出ゲームは
「赤い部屋」とは全く関係ありません(笑)

確かに真っ赤な部屋に閉じ込められますが、
ホラー要素はないのでご安心ください。

RED ROOM からの脱出まとめ

初心者の方にもリアル脱出に慣れた方にも
オススメできる脱出ゲームです。

何もない部屋へ実際に閉じ込められて
脱出を試みる、という非日常が楽しめます。

チケットも比較的取りやすいため、
機会を見つけてぜひ挑戦してみて下さい。

RED ROOM|公演情報

謎解き練習問題を公開中!
文字謎 数字謎 イラスト謎