2099年からの脱出 に参加した感想・レビュー(ネタバレなし)

2099年からの脱出 に参加した感想・レビュー(ネタバレなし)

 
『2099年からの脱出』は、
タイムスリップなどをテーマとした
時空系のリアル脱出ゲームです。

時空研究所シリーズの第二段ですが、
第一段とは特に繋がっていないため、
どちらか単独でも楽しめます。

 
この体験談にネタバレはありませんが、
一切の情報なしでチャレンジしたい方は
見ないことをオススメします。

謎解き練習問題を公開中!
文字謎 数字謎 イラスト謎

 

『2099年からの脱出』の概要

実際にゲームへ参加した感想を
以下の5段階で評価しました。

タイプ ルーム型
人数 最大10人
難易度 ★★★☆☆
探索度 ★★★☆☆
運動度 ★★★★☆
演出度 ★★★★★
満足度 ★★★★☆
脱出率 29%前後 ※

※アジト東新宿、2019年1月時点の情報

 
2017年2月から公演が始まり、
2019年11月現在もまだ続いています。

2019年11月時点で開催されている場所は、
以下の通りです。

  • アジトオブスクラップ東新宿 GUNKAN
  • アジトオブスクラップ札幌
  • ナゾ・コンプレックス名古屋

アクションが楽しい

2099年からの脱出では、
アクション要素が多めとなっています。

登場人物やメンバ間での関わりが多く、
初対面の方と参加した場合でも
距離を縮めやすい内容と言えます。

 
特に登場人物(キャラ)と絡んだ回数は、
これまで参加した脱出ゲームの中でも
ダントツに多い作品でした。

知り合いで固めるのも面白そうです。
最大10人のため人集めが大変ですが、
機会があれば貸切参加もオススメします。

動きやすい格好での参加を推奨

詳しくは書けないのですが、
そこそこ動き回ることとなります。

ヒールは避けたほうが良いでしょう。
替えの靴が用意されている場合もあるので
そちらに履き替えるのもアリです。

難易度は中くらい

脱出難易度としては、
中程度であると思われます。

私が参加した東新宿 GUNKAN では、
3割弱の脱出率となっており
最速クリアタイムは30分台前半でした。

 
時空がネタになっているだけあって、
他の脱出ゲームとは違った考え方が
必要となるのが面白いところです。

ただ普通に謎を解くだけでは
時間(時空)的に矛盾が生じるなど、
頭を悩ませる問題が数多くあります。

小謎の量は多くもなく少なくもなく、
中謎クラスが多いように感じました。

謎解き練習問題を公開中!
文字謎 数字謎 イラスト謎

独特の演出が楽しい

登場人物(スタッフ)がやや多めで、
演出もその分凝った内容になっています。

世界観に思い切り飛び込んで、
ナリキリでプレイすることをオススメします。

時空を行き来しながら謎を解き、
答えが繋がったときの快感は
他作品にはない新鮮さと言えます。

脱出には失敗しました

結果は残念ながら『脱出失敗』でした。

残り3分ほどあれば解けたかな?という
タイミングで時間切れに……。

 
中盤で一部詰まってしまった点があり、
ラスト謎で使う時間を残せませんでした。

なお、スタッフさんのご好意によって
謎解き自体は最後まで体験できました。

2099年からの脱出 感想まとめ

時空研究所シリーズということもあり、
時空をテーマにした新鮮な公演でした。

他の公演ではあまり見たことのない
アクション・演出などが楽しめる作品です。

ぜひ発想の転換力を鍛えた上で、
参加してみることをオススメします。

2099年からの脱出 | 公演情報

謎解き練習問題を公開中!
文字謎 数字謎 イラスト謎