リアル脱出ゲームの種類、ルーム型・ホール型などの違いと参加方法を解説

リアル脱出ゲームとは、
SCRAP 社が提供する謎解きイベントです。

ここでは、リアル脱出ゲームの種類や
参加までの流れについて解説します。

 

リアル脱出ゲーム参加までの流れ

スクラップのリアル脱出ゲームには、
次のステップで参加できます。

(1) 行きたい公演を確認
(2) インターネットや電話で予約
(3) 当日になったら会場へ
(4) ゲーム開始前の案内を聞く
(5) リアル脱出ゲームにチャレンジ!
(6) ゲーム終了後の解説

 
空きがあれば当日券も販売されますが、
基本的には事前予約が必要となります。

予約自体は、PC やスマホから
日時・人数を指定するだけで完了します。

現在開催されている公演については、
スクラップ公式サイト をご確認ください。

ルーム型:リアル脱出ゲームの基本型

ルーム型」は、リアル脱出ゲームにおける
基本となるタイプのイベントです。

実際の部屋に閉じ込められて、
制限時間60分以内に脱出できれば
ゲームクリアとなります。

ルーム型:リアル脱出ゲームの基本型

 
生活感のある実際の部屋であったり、
鉄格子で作られた牢屋だったりと、
作り込まれた世界観も大きな特徴です。

1回につき6人~10人ほどで参加し、
前後の説明を含めて90分ほどの公演です。

場所:ビルやマンションの一室
施設:全国のアジトオブスクラップなど
人数:6人~10人
価格:2000円~3000円
時間:90分前後(ゲームは60分)

 
部屋に隠された数多くの謎を解き明かし、
力を合わせて脱出を目指しましょう。

なお、ルーム型のリアル脱出ゲームでは
部屋の探索が非常に重要となります。
探索のコツを予め確認しておきましょう。

ホール型:複数チームで一斉にチャレンジ

ホール型」は、広い部屋で行われる
中規模の脱出ゲームです。

ホール型:複数チームで一斉にチャレンジ

 
4人~6人を1チームとして、
1回の公演で10~30チームほど参加します。

他のチームとの協力や連携は行えず、
基本的にチーム単独で謎解きに挑みます。

 
1回で参加できる人数が多いため、
チケットが比較的取りやすいのが特徴です。

多少の移動や探索はありますが、
ルーム型よりも謎と向き合う時間が長く、
難易度も少し高めな傾向にあります。

場所:数十人が入れる広い部屋
施設:ヒミツキチオブスクラップなど
人数:4人~6人
価格:2000円~3000円
時間:100分前後(ゲームは60分)

 
ホール型では、他のチームと同じ空間で
同じ謎にチャレンジすることとなります。

周りを意識しすぎて焦らずに
落ち着いて謎を解くことが重要です。

見事脱出に成功すれば、結果発表時に
会場内の注目を浴びることとなります(笑)

謎解き練習問題を公開中!

文字謎】【数字謎】【イラスト謎

フィールド型:時間制限のない謎解きゲーム

フィールド型」は、
主に屋外でチャレンジするタイプです。

フィールド型:時間制限のない謎解きゲーム

 
ルーム型やホール型とは異なり、
専用のキットを購入した上で
街中を歩いて謎解きにチャレンジします。

最大の特徴は、時間制限がない点です。
自分のペースで謎解きに取り組めるため、
初心者の方にもオススメです。

 
街に散らばっている謎を探したり、
カフェで休みながら謎を解いたり、
ゆっくりと楽しむことができます。

複数人でも楽しめることから、
カップルでチャレンジする方も多いです。

場所:街中、イベント会場など
人数:1人~何人でも
価格:1500円前後
時間:1~4時間(自由)

注意点として、
荷物が多いときや天気が悪いときには
あまりオススメできません。

ドーム型・遊園地型:大会場を動き回って謎を解く

ドーム型」や「遊園地型」は、
広い会場で開催される脱出ゲームです。

ドーム型・遊園地型:大会場を動き回って謎を解く

 
ドームや閉園後の遊園地を貸し切って、
1回の公演で数百人~千人が参加します。

広大なエリアに謎が散りばめられるため、
謎解きだけでなく移動も重要です。

 
最大の特徴は、普通だと入れないような
ドーム内や夜の遊園地に入れる点です。

大規模な公演のため、
年に数回しかチャンスがありません。
機会があればぜひ参加をオススメします。

場所:ドーム、遊園地など
人数:1人~何人でも
価格:3000円前後
時間:120分前後(ゲームは60分)

 
人数制限がないため、
仲良しグループで参加する人や
ソロで挑む人も数多く存在します。

広い会場で大人数が一斉に挑むため、
独特の雰囲気の中で謎解きを楽しめます。

ドーム型・遊園地型:大会場を動き回って謎を解く

リアル脱出ゲーム 遊園地公演のコツは競歩&スマホの活用

2019-05-14

リアル脱出ゲームの種類まとめ

リアル脱出ゲームには、
大きく4つの種類が存在します。

参加人数やメンバの経験値によって
参加するタイプを選ぶと良いでしょう。

どの公演に行くか迷ったときは、
ルーム型やホール型をオススメします。

公式練習本もおすすめ

スクラップ公式から出版されている
謎解き練習用の本を使うと、
実戦形式で楽しむことができます。

リアル脱出ゲーム presents 究極の謎本

小さな謎から中規模の謎まで、
合計100問ほど掲載されています。

紙を使う本格的な謎も入っており、
実戦形式で練習したい場合には
こちらの本がオススメです。

一通り解いてみることで、
小謎のパターンが掴めてきます。

Amazon で探す 楽天で探す
セブンで探す Yahoo! で探す

SCRAP ヒラメキナゾトキ BOOK

その名の通り、
ヒラメキを鍛えられる問題集です。

3段階の難易度に分かれており、
スクラップの謎解きで必要となる
発想転換の練習にもなります。

比較的簡単な問題が
53問ほど掲載されています。

Amazon で探す 楽天で探す
セブンで探す Yahoo! で探す

謎解き練習問題を公開中!

文字謎】【数字謎】【イラスト謎

⇒【リアル脱出ゲームの攻略方法
⇒【リアル脱出ゲームの役割分担
⇒【リアル脱出ゲーム 探索のコツ
⇒【リアル脱出ゲーム 大謎の解き方